ペット葬儀はスムーズに行うことが重要!効率的に行うための流れとマナーを詳細に解説

このサイトではペット葬儀を利用する方々にとって、葬儀会社の見つけ方のポイントや出棺する方法など、依頼からスムーズに利用できる情報を掲載しています。
一連の流れを十分に把握してから必要とされるマナーも理解しておくことにより、失敗を避けることに役立ちます。
どのような葬儀会社が良いのかの判断や火葬後の埋葬方法も事前に確認することも欠かせない内容があるので、知識を得てから利用先を決めると選ぶ基準を十分に理解することができます。

ペット葬儀はスムーズに行うことが重要!効率的に行うための流れとマナーを詳細に解説

ペット葬儀会社では、多くの場合で予約制を採用しています。
葬儀会社の情報はインターネットから調べることができるので、自宅から割と近い距離にある会社の中から選び出す方法で効率的に利用できます。
予約制ではありますが、混雑する可能性も予測してできるだけスムーズに行うことは重要になるので、事前に葬儀会社側で提示をしているマナーや条件、注意事項を確認すると万全です。
通常はご遺体を前にしてお経を唱えてもらう流れになりますが、終了後にはお布施をお渡しするマナーもあるので、忘れずに準備しておくことも必要です。
出棺から火葬場まではペット葬儀会社に任せることができるものなので、実際には難しい内容ではありません。

ペット葬儀は焼香から納骨まで行うのが基本的な流れ

ペット葬儀が行われる場合には、一連の流れに従って行われるのが一般的な方法です。
焼香から納骨までを行うのが基本的な流れになっています。
ペット葬儀でも、僧侶を呼んでお経をあげてもらう場合には焼香もすることが一般的です。
人間のお葬式で行われるような焼香と同じような形式で行われます。
そのために、葬儀に参列する予定のある人は、数珠を持参したほうがおすすめです。
焼香が終わった後には、ペットの火葬が行われることになります。
ペットを火葬するために使用されることが多いのは移動式の火葬車です。
移動式の車を使用すれば、飼い主の自宅で葬儀をすることもできます。
専用の施設を利用することもできます。
ペットを火葬する方法は大きく分けて2種類あり、複数のペット合同で行う方法と個別で行う方法です。
複数のペットを合同で火葬した場合には、納骨もまとめて行われます。
個別に行った場合には、それぞれのペットを別々に遺骨をお墓に納めることができます。

人間の場合と同じように行うのがペット葬儀のマナー

"

ペット葬儀は簡単な話がペットの葬儀になりますから、人間と同じように火葬をしたり供養をすることになります。
供養をすることでペットも安らかに眠ることができるので、生前にペットを深く愛していた人は積極的にサービスを利用する価値がある筈です。
友人や親戚などのペット葬儀に参列する場合は、基本的に通常の葬儀と同じようにおこなうのがマナーとなります。
黒を基調にした服装で統一したりすると、飼い主からの印象もよくなると考えられます。
ただペット葬儀の規模によっては飼い主や家族だけでやる場合も多いので、飼い主や家族が納得すれば普段着のような格好でも問題ありません。
厳格なルールは人間の葬儀のように確立されている訳ではありませんから、飼い主だけで葬儀をする場合は特に本人が納得すれば何も問題ないです。
そのため難しいと感じる必要もありませんから、基本的にはペットを供養する気持ちを持っていればマナーの心配はありません。
ペット葬儀の規模などによって違いがありますから、その都度意識をして参加をするのが何よりも大切です。

"

ペット葬儀の服装は喪服でなければいけないか?

"

ペット葬儀を行う場合、服装に戸惑うことがあります。
人間の場合は喪服を着用することが多く、靴やカバン、髪型まで注意を払いますが、ペットの場合は人間のように気を遣う必要はありません。
ペット葬儀をどのように行うかによっても異なっており、火葬移動車で行う場合は普段着で良いですし、個別にペット葬儀を行う場合は黒や紺の普段着で大丈夫です。
ですが人間と同じ霊園に埋葬する、大きめの葬儀会場で行うなどの場合は喪服、もしくは黒のスーツを着用した方が無難になります。
持ち物に関しても注意が必要であり、殺生を連想させる毛皮やファーは身につけてはいけません。
このファーはたとえフェイクであったとしても見る人によっては不快に感じることがあるので、身につけない方が良いでしょう。
また派手なメイクや髪型もしない方が良いです。
音がなる靴やヒールの高いものなどもふさわしくありません。
このようなことから、服装に決まりはないものの人間と同じように喪に服す洋服を着た方が良いです。

"

ペット葬儀の焼香の方法と注意点とは

"

最近は、ペットが亡くなった場合にペット葬儀をすることも珍しくなくなりました。
ペット葬儀は火葬のみで行うこともありますが、人間と同様に丁寧なお葬式が行われることもあります。
ペット葬儀の場合も、焼香が行われることがありますが、どのようにするのかで悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。
ペットの場合も人間の葬儀と同様であると考えておくと良いでしょう。
回数は1~3回程度で十分です。
宗教や宗派によってもお葬式の作法は変わってきますので、それぞれの宗派・宗教に合う形で進めていきましょう。
ペット葬儀は特に堅苦しい決まりがあるわけではありません。
心を込めて行えば特に作法にこだわる必要もないうといえます。
自宅で行う場合は、特に喪服を着用する必要もなく普段着でも十分です。
とはいえ、派手過ぎる服装はふさわしいとはいえないので、落ち着いたものを選ぶことがおすすめです。
焼香台やお香などは葬儀社が用意してくれることがほとんどですので、自分で用意する必要はありません。

"

ペット葬儀に関する情報サイト
ペット葬儀の流れ

このサイトではペット葬儀を利用する方々にとって、葬儀会社の見つけ方のポイントや出棺する方法など、依頼からスムーズに利用できる情報を掲載しています。一連の流れを十分に把握してから必要とされるマナーも理解しておくことにより、失敗を避けることに役立ちます。どのような葬儀会社が良いのかの判断や火葬後の埋葬方法も事前に確認することも欠かせない内容があるので、知識を得てから利用先を決めると選ぶ基準を十分に理解することができます。

Search